• まるりとりゅうが

    “男女ユニットの可能性を僕らが広げていきたい。”

    SNSを中心に人気急上昇中の“まるりとりゅうが”が2nd Mini Album『お見知りおきを』をリリース。あまり前例のなかった【男女2人組ボーカルユニット】ならではの活動の軌跡、音楽の屆け方、歌詞の書き方、じっくり語っていただきました!みなさま是非、お見知りおきを!

  • ちゃんみな

    “実體験は「愛している」なんて言葉じゃ済まない。”

    日本語、韓國語、英語を巧みに操るトリリンガルアーティスト“ちゃんみな”がニューアルバム『Never Grow Up』をリリース。歌詞は、すべて彼女の実體験から生まれた言葉だそう。二十歳のちゃんみなが、丸裸な體験や感情を綴った曲について、たっぷり語ってくださいました。

  • スカイピース

    “何を葉えたとしても<あの場所>の景色は絶対に忘れない。”

    2人組YouTuberユニット“スカイピース”がニューアルバム『BE BOY』をリリース。取材中も、その仲の良さは十分に伝わってきました!そんな彼らが、楽しいだけでOKだったデビュー當時から進化し、様々な経験を経た上で、伝えたいメッセージを込めた今作。二人の今を受け取ってください…!

  • 井上苑子

    “ありきたりな想いはもう誰かが歌にしてるだろうけど、それでも。”

    シンガーソングライター“井上苑子”がニューアルバム『白と色イロ』をリリースしました。1本のライブセトリのようであり、12色の聲・サウンド・歌詞を堪能できる今作。常に変化をし続けている自身が反映された、聲・サウンド・歌詞を是非、インタビューと併せてじっくりとお楽しみください…!

  • BLUE ENCOUNT

    “膝を突き合わせて言葉を屆けることを僕らが忘れたらダメだ。”

    熊本発、熱血で感動を呼ぶ4人組ロックバンド“BLUE ENCOUNT”が、ニューミニアルバム『SICK(S)』をリリースしました。“らしさ”の魅力はそのままに、“初めて”もたくさん詰まっている今作。ライブと違わぬ熱量で語ってくれた、ひとつひとつの楽曲への想いを是非、受け取ってください…!

  • 足立佳奈

    “歌詞は手紙。1曲1曲それぞれに宛て名があります。”

    キムチ!の笑顔がトレードマークの“足立佳奈”が、ニューシングル「little flower」をリリース。常に前向きで元気な印象の彼女ですが、今回のインタビューでは、足立佳奈の“ポジティブなだけじゃない”本音もじっくりと語っていただきました。是非、歌詞と併せて、ご熟読ください…!

  • 奧華子

    “どんな最低な戀でも“しなければよかった”とは思わない。”

    デビュー15周年イヤーに突入する“奧華子”が、ニューアルバム『KASUMISOU』をリリース。実は、歌の主人公の性格は、自分と違うことが多いんだそう。また、活動を振り返っての様々な想いも吐露してくださいました。是非、奧華子の本音を熟読した上で、歌詞をじっくりご堪能ください…!

  • erica

    “私の歌を聴いているときは、泣いていい時間。”

    【告うた】のカリスマと稱される“erica”がニューアルバム『告うた3~あなたへ贈る歌2~』をリリース!彼女は、楽曲イメージから“戀愛のカリスマ”であると思われがちだけれど、実はご自身の戀は涙、涙、涙なんだとか…。新曲への想いから、ちょっと哀しい戀バナまでたっぷり語っていただきました!

  • 阿部真央

    “貴方、貴女、あなた、ずっと誰かに向けて歌ってきた。”

    デビュー10周年の“阿部真央”がベストアルバム『阿部真央ベスト』をリリース!思いがけず大人気曲となったというあの曲。初めて“阿部真央らしさ”を掴めたというあの曲。「17歳の唄」と対比しながら聴いてほしい「28歳の唄」という新曲。軌跡が丸ごとわかる収録曲への想いを語っていただきました!

  • 大塚 愛

    “今は絶対に死ねない、死にたくない。”

    デビュー15周年の“大塚 愛”が、ALL TIME BEST ALBUMをリリース!取材の冒頭から「転職しようかな…」なんて衝撃発言もございますが、自身の歌聲にも歌詞の表記にも説得力にもとことんこだわってきた音楽愛はしっかりみなさまに伝わるはず…!今作を聴く前に是非、ご熟読を!

  • 絢香

    “今、一段と感じるのは“時間には限りがある”ということ。”

    “絢香”がニューアルバム『30 y/o』をリリース!大人になるほど大変なこともあるけど、一方で「聞いていたとおり、30歳って楽しい」と語る表情や聲は、柔らかく溫かく晴れやか。1曲聴くごとに歳を重ねてゆくのが楽しみになってくるアルバムについての想い、是非ご熟読を…!

  • 高橋 優

    “欠片とか一部分じゃなく、今の自分を全て出し切った。”

    2018年10月24日に“高橋 優”が6th アルバム『STARTING OVER』をリリース。今作は、ときに彼が言われるという「丸くなった」だとか「偽善者っぽい」だとか、そんな意見など吹き飛ぶような“高橋 優の全て”です。全力のアルバムについて、じっくりと語っていただきました!

  • コレサワ

    “実際、人ってみんなヤバイやん?って思うんです。”

    2018年9月19日に“コレサワ”がMajor 2nd Album『コレでしょ』をリリース!彼女の最大の魅力は、賛否両論をも巻き起こす強烈な歌詞。可愛らしい聲&関西弁で、歌詞や乙女心について、語っていただきました!

  • HY

    “この5人だから、ここまで來ることができた。”

    2018年8月22日に“HY”がセルフカバーベストアルバム『STORY~HY BEST~』をリリース!數々の名曲たちに、今の彼らの新しい風が吹き込まれた今作。ボーカルの新裏英之さんと仲宗根泉さんにあの曲やあの曲への様々な想いをお伺いしました!

  • ビッケブランカ

    “25歳で始まり、27歳で本物になった歌詞人生。”

    2018年8月8日に“ビッケブランカ”が2ndシングル「夏の夢/WALK」をリリース!実はかつて、まったく“歌詞重視派”じゃなかったという彼に訪れたとある転機の話から、新曲への想いまで、明るく軽快にありのままに語っていただきました!

  • 大原櫻子

    “今、すごく“自分色”を見せることができている。”

    2018年6月27日に“大原櫻子”が3rd Album『Enjoy』をリリース!デビュー5周年を迎える彼女が放つ、色トリドリな全14曲。もうお酒も飲めるようになり、ファッションも大人可愛く変化した、22歳の櫻子さんの【今】の言葉をお屆けいたします!

  • GLIM SPANKY

    “國籍も年齢も性別も関係なく“全人類”に屆くロックを。”

    2018年5月9日に“GLIM SPANKY”が4th Single『All Of Us』をリリース!11年も共にロックの道を歩み続け、もはや家族のような仲だと言う彼らのトークセッションは相性バツグン。「亀」と「レミさん」の個性の違いも楽しみながら、ご一読を!

  • Official髭男dism

    “音楽でみんなと一緒に年を取っていきたいんです。”

    2018年4月11日に1st FULL ALBUM『エスカパレード』を発売!新“月9”主題歌にも抜擢され、転機の今年。通稱:ヒゲダンの魅力に迫りました。取材時間ギリギリまで1曲1曲へのこだわりを語ってくださった藤原聡さんの想い、たっぷりお屆けします!

  • スキマスイッチ

    “歌詞はどんどん深読みしてもらいたい。”

    2018年3月14日にニューアルバム『新空間アルゴリズム』をリリース!今年でデビュー15周年を迎える二人。取材中の姿からは、信頼の深さと確かな絆が伝わってきました。そんな彼らの軌跡から新たな代表作への想いまでじっくりお楽しみください!

  • 家入レオ

    “今は苦しいことさえも味わい盡くしたい。”

    2018年2月21日にニューアルバム『TIME』をリリース!若い頃のヒリヒリした強さとはまた異なる、しなやかで明るい強さをまとってた家入レオ。現在の彼女だからこそ伝えられる新曲たちの話、男女の話、戀の話、様々な想いをお楽しみください…!

  • ゴールデンボンバー

    “幸せになってしまったら歌う必要がなくなる。”

    1月31日にニューアルバム『キラーチューンしかねえよ』をリリース!大好きな【90年代J-POP】や歌詞を語る鬼龍院翔さんは本當に楽しそうで、言葉が次から次へと溢れ出してくるかのようでした…!様々な音楽の魅力が、みなさんにも屆きますように!

  • androp

    “ライブでもらった想いを歌詞で返したい。”

    1月10日にニューシングル『Joker』をリリース!表題曲は、映畫『伊藤くん A to E』主題歌。ボーカル・內澤さんにとっての【伊藤くん】とは…?人の気持ちをいろんな角度から見つめ、考える內澤さんならではの作詞論。じっくり語っていただきました。

  • MACO

    “生きてるから“愛してる”の重みを実感しました。”

    11月15日に3rdアルバム『メトロノーム』をリリース!これまで數多くの歌詞が歴代人気曲に認定されており、切なくあたたかな歌聲もリスナーから愛され続けている彼女。様々な出來事を體験し、痛感し、生まれた曲たちへの想い、ぜひ受け取ってください。

  • 吉澤嘉代子

    “自分から遠ざかれば遠ざかるほど、楽になれます。”

    10月4日に2nd Single「殘ってる」をリリース!描かれているのは、朝帰りの帰り道、夏と秋の狹間にひとり“殘ってる”女の子…。歌詞誕生の秘話、妄想力や夢について、アナザーヴァージョンを共に奏でた伊澤一葉のピアノの魅力、などなど、必読です!

  • 黒木渚

    “私にとって“孤獨”は素敵なこと。”

    9月20日にニューシングル「解放區への旅」をリリース!喉の病により約1年音楽活動を休止していた彼女が、今作で復帰!お休み期間の心境、運命に反撃を開始する新曲たちへの想いなどなど、全力で取り戻した凜とまっすぐな禦聲で、力強く語ってくださいました…!

  • Mrs. GREEN APPLE

    “大きな夢に向かってゆくなかで傷つくのは本望。”

    8月30日に5th SINGLE「WanteD! WanteD!」をリリース!今作のタイトル曲は、火9ドラマ『僕たちがやりました』のオープニング曲。インタビューには、“そこそこ”で生きる主人公と正反対の高校生だったと語るボーカル・大森元貴が登場!

  • 1 2 3 4 5 >