このコーナーでは、當時のランキングやエピソードと共に、「ザ・ベストテン」に出演した歌手のヒット曲を紹介していきます。第46回は1980年8月14日のランキングを紹介。
今月のスポットライトは、透明感のある高い歌唱力で數々のヒット曲を生み、80年代を代表するアイドル歌手となった松田聖子の初期の代表曲、「青い珊瑚礁」を取り上げます。
羽田空港からの中継で歌った、伝説的な名場面
spot_photoです。

 松田聖子は福岡県久留米市出身。高校生の頃からオーディションを受け始め、1978年にコンテストの九州大會で優勝したのをきっかけにスカウトされ、翌年上京。80年4月、18歳の時に「裸足の季節」でデビューした。透明感のある歌聲は徐々に人気を集め、7月3日に「ザ・ベストテン」にスポットライトで初出演。続く2ndシングル「青い珊瑚礁」は、本人出演のグリコアイスのCMソングに。爽やかな曲調と歌聲でヒットの兆しを見せ、新人アイドルへの周囲の期待は大きく高まっていく。

 そんな中、「青い珊瑚礁」は8月14日にザ・ベストテンに8位で初ランクインすることに。この日、聖子は劄幌での仕事の後、夜に空路で東京へ戻るというスケジュールだった。注目の新人アイドルの初登場を華やかに飾ろうと考えた番組プロデューサーは、なんと羽田空港から中継することを企畫。しかも到著ロビーではなく、タラップを降りてくるシーンからカメラで捉え、飛行機を降りたその場(駐機場)で歌ってもらうという前代未聞のプランだった。到著時間をもとに緻密な計算のうえ演出が考えられた。また航空會社や関係省庁からの許可と協力を得るため、プロデューサーは空港に通いつめて調整を重ねたという。

 そして放送當日。久米宏が「第8位!青い珊瑚礁」と発表し、カメラが羽田空港に切り替わると、聖子が乗った飛行機が、まさに今ゆっくりと駐機場に停まろうとしているところであった。ドアが開き、真っ先に出てきたのは、淡いブルーのワンピース姿の松田聖子。タラップを降り、カメラの方へ駆け寄り、たった今乗ってきた飛行機をバックに「青い珊瑚礁」を歌ったのだった。中継は大成功を収め、この番組史上でも屈指の名場面となった。慣れない環境で、リハーサルなしにも関わらず、聖子が伸びやかな歌唱力で堂々と歌う姿は、大型新人の登場を十分に視聴者に印象づけたことだろう。ちなみにこの時、飛行機の到著が予定よりも5分早くなると聞いて焦った番組プロデューサーが、航空會社の擔當者に「飛行機の速度を落としてください!」と、無茶なお願いをして驚かれたというエピソードが殘っている。

 「青い珊瑚礁」はその後も順位を上げ、9月18日には、自身初の1位を獲得。1位になったお祝いに、彼女のリクエストで、人の背丈ほどもある大きなケーキを形どったセットが用意された。ここで、見覚えのある弁當箱に入った、手作り弁當が目の前に。「聖子さん、これ誰が作ったか分かりますか」「…母ですか?」。実は番組スタッフが地元・福岡にいる聖子の母親に弁當作りを依頼し、わざわざ日帰りで取りに行ったのだった。涙ぐんでいるところへ、福岡と中継がつながり、畫面に聖子の母親が登場。「よく頑張ったねえ」と母親からお祝いの言葉をもらい、聖子は感激に顔を歪め「お母さぁーん…!」と泣き顔に。さらに、父親とも電話がつながり、「よかったね」と祝福され、涙ながらに歌った。「青い珊瑚礁」は3週連続で1位を記録、11週ランクインするヒットに。またこの年の紅白歌合戦に、同曲で初出場を果たしている。

 松田聖子がザ・ベストテンにランクインさせたのは全25曲、通算224週。そのうち1位獲得は15曲(通算44週)。まさに番組と共に歩み、成長した歌手と言える。出演回數が多いだけに、名場面・迷場面のエピソードにも事欠かないが、特に本人の印象に殘っているのは、新幹線のホームから歌ったことだという。聖子を乗せた列車が途中の停車駅に著くやいなやホームへ降り、わずか1、2分の停車時間を利用して歌う。そして曲の途中で押し込まれるように新幹線へ戻り、また移動…。「自分が歌えるかより、そのせいで列車が遅れないかの方が心配だった」と後に語っている。

 また、番組內では同期デビューの田原俊彥と一緒に出演することが多く、曲のつなぎ演出として、二人で會話したり、相合い傘をしたりすることもあった。田原ファンは嫉妬心を煽られ、ついには、新聞のテレビ欄で二人の名前が並んで表記されているだけで「許せない!」とクレームが來たというから、當時の二人の人気ぶりがうかがえる。ただその後「赤いスイートピー」のヒットを機に、やがて聖子の女性ファンも増えていった。

 どんな曲調でもぴったりな世界観で表現できる、卓越した歌唱力。そしてイントロから耳に殘る洗練されたサウンドとメロディー。「白いパラソル」「風立ちぬ」「赤いスイートピー」「渚のバルコニー」「ガラスの林檎」「瞳はダイアモンド」「天使のウィンク」…。數々のヒット曲は長年愛され続け、當時を知らない世代でも、彼女の曲を口ずさめる人は多いに違いない。さまざまな経験を積ませてくれたザ・ベストテンに対して、聖子は後年のインタビューで「スタジオセットををはじめ、他の出演者やスタッフも含めすべてがキラキラしていて、その空間に自分がいられることがうれしかった」と語っている。

ザ・ベストテン☆エピソード
 松田聖子がデビューする直前の80年3月、山口百恵は婚約を発表し、10月に引退する意向も明らかに。世の中には軽い寂寥感が漂っていました。そんな中デビューした聖子は、「ポスト山口百恵」と期待されることに。9月25日、「さよならの向う側」が10位にランクインした百恵は、これがベストテン最後の出演に。この時の1位は「青い珊瑚礁」。黒柳徹子に促され、百恵はカメラの前で聖子と並んで立ち、「おめでとうございます。これからも頑張ってください」と聲を掛けました。ごく短い時間ではありましたが、それぞれ70年代と80年代を象徴するアイドルの、最初で最後の共演。まさにバトンタッチの瞬間だったのです。
ザ・ベストテン「今月のスポットライト」 Back Number